企業講習

コンプライアンスが求められる今の時代、社員さんの起こした小さな交通事故が大きな会社への損失に繋がります。

  • 運転経験の少ない新入社員の安全教育を行っていない。
  • よく、事故・違反をする社員がいて困っている。
  • 会社の看板をつけて走ることの責任を学んでほしい。
  • 仕事で運転することの責任の重さを知ってほしい。

企業ドライバーとして安全運転に対する意識の向上を高め、適性検査と技能診断の結果を組み合わせて行うことにより、社会人として必要な知識と心構えを身につけていただく講習カリキュラムです。

コンプライアンスが求められる今の時代、社員さんの起こした小さな交通事故が大きな会社への損失に繋がります。
運転適性検査
ペーパーによる運転適性検査(K2)ほか、適性検査機械を使って総合診断を行います。
講義
企業ドライバーとしての安全運転のあり方や運転に必要な知識(道路交通法等)を中心に講義をします。
運転技能訓練
運転技能診断

企業講習プラン

運転行動を観察し、問題の行動を指摘・修正を促します。
-基本講習例-
(場内基本走行)
  • 日常点検、運転姿勢・死角部分の確認
  • Sコース、クランクコース前進・後退、鋭角、縦列、方向変換など車体感覚及び距離の目測のとり方に重点をおいた講習
  • 急制動、緊急回避訓練など
  • 法規走行、慣熟走行、ブルッカレコード、スラローム走行
(路上訓練)
  • 日常点検、運転姿勢・死角部分の確認
  • 基本法規走行
  • 生活道路を中心とした危険予測運転
  • 路上運転効果測定(採点します)
(シュミレーター訓練)
  • 日常点検、運転姿勢・死角部分の確認
  • 反射時間測定、視力、動体視力、夜間視力測定
  • 危険予測訓練
講習時間
講習内容
お客様のご希望に合わせて、半日講習(9:30~12:20)と、一日講習(9:30~17:00)の2つを用意しております。講習は上記の内容をお客様の希望により組み合わせて行います。また、上記以外の講習内容についてもご相談をお受けします。

※使用車両は、基本的に当校教習車を使用します。持ち込み車両ご希望の方は、ご相談ください。

お申し込みから実施までのながれ