大型免許

大型免許がとれる!
運転できるクルマは?

大型自動車、中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車。
(乗合バスやタクシーなどを除きます)


取得条件は?
資格
満21歳以上の方。
普通免許、中型免許(8t限定)または大型特殊免許の経験年数が3年以上の方。

身体条件
  • 視力は片目0.5以上、両目で0.8以上であること。
    (眼鏡、コンタクトレンズの使用可能)
    ※深視力検査での平均誤差が2cm以下であること。
特徴は?
  • 大型一種の教習(検定)に使用する車両は最大積載量13.8tの平ボデー(前一軸、後二軸)で、車体の長さが約12メートルあります。
  • 大型自動車の特徴としては
    • 運転席が高いため前車との車間距離が狭くなりがちになる。
    • 車体が大きいため死角が多くなる。
    • 内輪差が大きくなる。
    • 車体が長いのでリヤオーバーハングなる。
    • カーブ走行時ミラーが進路からはみ出す。
    などがあります。
    教習では、これらの特徴をふまえた安全な走行を指導します。
  • 普通車しか乗ったことのない人にとって大型自動車は意外に小回りが効く。運転席が前輪のほぼ真上にあるので、自分が縁石すれすれを行くようにハンドル操作すればよい。一般的にハンドルを切るタイミングは早過ぎる傾向にあるようです。